第3回総会のお礼

みなさんのご支援により、充実した第3回総会を開催できました。ご協力ありがとうございます。

2019年12月8日(日) 14時から、目黒さつきビル 2階会議室(品川区西五反田3-2-13)で総会と講演会を開催し来年度の活動方針を決定しました。参加者は当初の予想を大幅に上回る140名以上、支援ネットの会員・支援者だけでなく、HPVワクチン薬害被害者と家族の方々が参加し、学習と交流をおこなうことができました。

記念講演は、横田俊平医師(フジ虎ノ門子どもセンター、横浜市立大学名誉教授)から、「HPVワクチンの副反応症状 見えてきたわが国の臨床医学の現状 ~令和時代の子どもたちのために~」と題し、ワクチンの副反応による健康障害の治療に取り組んでこられた経験を元に、これからの展望を語っていただきました。

水口真寿美弁護士から最新の裁判と原告団・弁護団の活動を紹介いただいた後、参加された原告の方々から被害の解決へ向けて訴えをお聞きしました。
最後に、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会、全国薬害被害者団体連絡協議会、HPVワクチン薬害訴訟を支える会・北海道から連帯のメッセージをいただき、総会を終わりました。

台風により開催を延期したこともあって参加人数の把握が十分でなく、会場内が混み合いご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします